ビワ葉エキス&ドクダミチンキの作り方

自然療法

先日、ビワ葉とドクダミを頂いてきました。

作り方を調べたら簡単だったので二つ同時に作ります。

ビワ葉もドクダミも、よく洗って乾かします。

こうやってね。競馬新聞に広げるとね。よく乾きますから。
競馬新聞500円。ビワ葉・ドクダミ、0円。
大事なことなのでもう一度。
競馬新聞500円。ビワ葉・ドクダミ、0円。
お金の価値って何なんでしょうね。ウフフ。

ごめんなさい、また話が逸れました。
全然大事じゃないのですぐさま忘れてください。笑
新聞じゃなくザルでもなんでも、乾けばヨシです。

乾かした葉っぱをそれぞれ消毒した瓶に入れ
ホワイトリカーをひたひたに注ぎます。葉っぱが液面から出ないように注意。
(撮影後、ホワイトリカー追加しました!)

作る工程はこれで終了。
あとは待つだけ。

ハイ!私の大好きなズボラレシピに負けないくらい簡単です。

ビワ葉は夏場なら2カ月放置(時々混ぜる)、冬ならその倍くらいの期間で葉が茶色くなり
ビワの成分が抽出されるので葉っぱを取り出してエキスが完成。

ビワの葉には殺菌・鎮痛作用があり、
切り傷、やけど、皮膚炎、ニキビなど身体全体の腫れや
炎症に効果を発揮してくれるそうです。

ドクダミも同様に時々瓶を振ってアルコールをなじませて1~3カ月で完成。
ドクダミは虫刺されや虫除け対策に。

私は待ちきれず1週間で色も出ているし使い始めてみました。

今はこーんな可愛いロールオンタイプの瓶が100円で売ってるんですよね。
移し替え用の注射器まで。
ロールオン容器、注射器、瓶(一つは購入、一つは空き瓶リユース)
全部で500円。…競馬新聞500円。(しつこい。笑)

ロールオンタイプ、めっちゃ便利です。
「おかーさん!なんか痒い!」「なんか痛い!」に
「あーはいはい。ちょっと待ってね」と、あわてず騒がず秒で解決できます。

子供って、怪我をしても絆創膏を貼るだけで泣き止んだり
「痛いの痛いの飛んでけー!」とかっておまじないで治っちゃったり
お母さんが何かしてくれるだけで安心するんですよね。
プラシーボ効果で、お母さんの「大丈夫だよ」と
このエキスさえあれば鬼に金棒!

ビワは傷用、ドクダミは虫刺され用(虫除けにはスプレータイプが〇)
ティーツリーオイルは2年前から突如として現れる「水いぼ」対策として常備しています。

先日外遊びでさっそく使ってみました、ドクダミチンキ。
塗って即、虫刺されのかゆみにも赤みにも効果アリ。

アルコールが入っているので肌の弱い方は
パッチテストした方が良いかも。

どんな成分なのかカタカナばかりで分からないような塗り薬を
症状ごとに病院で処方してもらって管理したり
吸い込んだらむせちゃうような強力な虫除けを使ったり
そんなことをしなくても、こんなにシンプルで良かったんだ。

自然療法、もっともっと早く知りたかったです。
知ってたらどんなに子育てが楽になったことか…!

もうね、母親学級のカリキュラムに入れておいてくださいよ。
ってくらい、自然の力を借りることってスバラシイ。

こうやって自然から少しだけ分けてもらって
その力で治癒力を引き出してもらい
副作用の不安も、薬を使う罪悪感もなく傷や病気が治ったり予防できたり。
こうした体験ができるだけで自然に感謝する心も
自然を大事にしたい、守りたいっていう気持ちも
人の中に育っていくのではないのかなぁ。

そんな優しい社会になっていくことを夢見て、
これからも自然療法を試しまくって体験しまくって、発信しまくります♪

       無料メルマガ配信中!

家族の免疫力アップのために日々実践できる知恵を7日間で学べるメルマガを配信しています。

・健康のために何を食べたら良いのか分からない
・たくさんの食情報に翻弄されている
・料理が好きだけど自分の料理に自信が持てない
・料理する時間が限られている
・子どもが体調を崩しやすい
・子どもが喘息をもっている
・身体に良い食材の効果的な食べ方を知りたい
・子どもが野菜を食べてくれない

そんなお悩みをお持ちの方に寄り添うメルマガ講座です。

直接返信もできるので、メールでの相談もできます。

是非ご登録ください♪

 

メルマガの詳細についてはコチラ

今すぐメルマガを読んでみたい方はコチラ↓

「家族の免疫力を底上げ!キッチンは魔法の薬箱」無料メルマガ講座




自然療法
Misakoをフォローする
エコロジカル・キッチン

コメント

タイトルとURLをコピーしました